スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の浪漫

はい。もうMJのネタは5%くらいになりそう。最近はMJもリアルもちょこっと打ったりしているが、「おもしれー!」というウキウキ感が少なく、ダラダラしながら適当な本を読んだりする日々が続いている。

最近読んだのは「アミン大統領」。1970年代のウガンダの軍人独裁者で国をハイパーインフレと虐殺という大混乱に陥れた人。素養のない人がうっかり政権を握ってしまうととんでもないことになるという教訓である。都合のいい期待を寄せてアミンを持ち上げた西側諸国の責も多く、冷戦という時代に翻弄された国民はたまったものではなかっただろう。ちなみにこの本のすぐ横にはスターリンとポルポトがあるがそのうち毛沢東が加わるかもしれない。


さて、タイトル。ちょくちょく顔を出す博多のフリー雀荘の常連である佐藤さん(仮名)と仲が良くなった。年は37歳くらいで、世を謳歌する独身サラリーマンである。

ここの雀荘は多くの卓が常時たっているというわけではなく、どちらかというと常連さんのたまり場のような雰囲気で、間がよければ1~2卓たつ、という塩梅である。









6SJs5.jpg

こういう常連さんが多い。あと、理由は聞けないが夏場でも常に長袖を着ている方も多く、違う意味でなかなかスリルのあるひとときを楽しむことができるのである。

そんな雀荘の面々で佐藤さんはとてもさわやかで人当たりもよい。初対面のお客さんでも安心して(?)同卓できる希少な方なのである。
佐藤さんとは住まいが偶然近所だったこともあり、雀荘以外でも何かと交流することが多くなった。


少し仲良くなると、その男のロマンを体現するような生活にいよいよ興味津津となる私。お酒はあまり飲まないらしいが昭和を彷彿とさせる豪快な生活スタイルに思わずあれこれ聞いてしまう。



私「佐藤さん独身ですよね?貯金とかしてはるんですか?」

佐藤さん「してるわけない!今が楽しければいい!」



願ってもない回答である。さらに突っ込んでお給料の遣い方などを聞いてみると…






プロ

  なるほどかなりの猛者である。MJもしてたのね。。。


「言えません」の項目はまあ独身男性で中洲の近くに住んでいれば出るように出る支出であろう。とにもかくにも生粋の競馬好きのようで、自宅で競馬専門のチャンネルを契約し、土日はほぼすべての中央レースにネット投票でツッコむというのだから並大抵のものではない。
(ちなみに最近まで入場料2,000円の中洲のウインズに通っていたが、それはお金の無駄ですよと進言すると今の形に落ち着いた)

佐藤さんのリアクションが面白いので私も大きいレースの時だけお邪魔して投票&観戦。ご自宅はゴミ屋敷を想像していたが期待とは裏腹に女子のような小ギレイな部屋(便座にはかわいいモフモフがついている)でお客一同を落胆させるのであった。



まずは2015年を締めくくるGⅠ有馬記念。佐藤さんは買い方も豪快で1頭の1着を固定して3連単を広くかつやや太めに買う。1着が飛べばいきなり全ハズレなのでなかなかそうは買えないが、当たれば500円が1,000倍、などで一撃50万円も十分ありうる買い方なのである。三振かホームランかを地で行くブライアントのような買い方もまた魅力のひとつである。

佐藤さんの押しは「ゴールドシップ」。数々のGⅠを制したレジェンドである。ただ、長年の走りもありこのレースが引退レースとなる。華を持たせる記念投票補正もあったかもしれないが、人気も上位で全盛期の片鱗があれば引退を錦で飾れる可能性も十分ある。



スタート。後半になるに連れて先頭集団に追い付くゴールドシップにレースのボルテージは最高潮に。
そして最後の長い直線へ。「行けッ!ゴールドッ!」とファンネルを出すアムロさんのように絶叫する佐藤さん。

結果。











016.png

はいダメ~




ゴールドアクターというやや人気薄の馬が雑草魂で勝利。
私は5,000円ほど負けたが、佐藤さんはその界王星の重力比くらい負けたのでリアクションが見れただけでも十分である。



続いてはGⅠの桜花賞。佐藤さんはダントツ一番人気のメジャーエンブレムを外してシンハライトという馬に狙いを定めたよう。シンハライトと人気を二分するジュエラーという馬もいて、1強にどちらが絡むか、という予想が大勢だったように思う。


スタート。1,600mではすぐに終盤という印象。なんと1番人気のメジャーエンブレムが中団に揉まれて伸びない。抜け出した内のシンハライトと外のジュエラー!1強の下の2頭のデッドヒートでゴールを迎える。「行けッ!シンハライト!」とやっぱりアムロの佐藤さん。そして…













oukasho2016.png

2cm差でダメ~




双方やや人気馬だったので大穴にはならなかったが、当たっていれば10万円と少しくらいにはなっていたよう。当たっていれば、である。
ともかくまた秀逸なリアクションが見れただけで大満足の私。興奮のあまりメガネがずれた時は馬より佐藤さんを見ていた。

ちなみに私は5,000円投資で保険の馬連が当たり、4,800円の回収で200円負け。。。まあどうでもいい。



さらにやってきた天皇賞春連敗中の佐藤さんのかかり方も半端ではない

1着に推したのはゴールドアクター。上記の有馬記念馬である。その後の重賞も地力を見せてきっちり制覇し、その実績からこのレースではなんと1番人気に。
有馬記念でさんざんコケおろしておきながら、実力があるとわかるとあっさり乗り換える切り替えの速さは女子っぽいといえば女子っぽい。(女子のみなさんごめんなさい)

実力が認められて人気馬になるのは素晴らしいが、逆に言えば人気を持っていきすぎてて他の馬がおいしくなる(不利な枠になってしまっていることや距離適性を考えて)のではないかという考えがよぎるが、佐藤さんは聞く耳を持たず、まさに馬耳東風といった感じ。



はいスタート。ゴールドアクターは先行気味で最終コーナーから先頭を伺う。まさに必勝パターン。佐藤さんもいつもの絶叫で応援。ところが明らかにブハブハ参っているようなゴールドアクターの様子で黒い巨体がいまひとつ目立たない。そして…












ouho2016.png

やっぱりダメ~







6c811024.jpg

期待通りのリアクションをとる佐藤さん





もうこの人の逆に張れば当たるのではないかと思わざるをえない。

5月8日(日)は桜花賞で敗れたメジャーエンブレムが登場するNHKマイルカップが開催される。もちろん佐藤宅で観戦予定であるが、私が何に賭けるかは、佐藤さんの買い馬を聞いてからにしよう。

それでは結果をお楽しみに。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

安定の垂金w最近某プロとのリアマでは破滅じゃ~と言いながら打ってるので競馬の実戦で外したら言ってみるといいかもしれませんね←

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

マスオ

Author:マスオ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。